最終更新日: 2015/04/02 (Thu)
Top > コンテンツ > Vine Linux 3 でcoregaの無線LANカードCG-WLCB54GTを使用するには
Vine Linux 4 用の説明は「Vine Linux 4 でcoregaの無線LANカードCG-WLCB54GTを使用するには」をご覧ください。

カードを認識させる

Linuxでなくても構いませんから、何とかしてインターネット接続してください。
まず、http://jbnote.free.fr/のprism54usbを開き、Firmwareセクションのprismfirmwaresを開きます。
このなかのPCI firmwaresセクションの、Version 1.0.4.3をダウンロードします。
ダウンロードしたファイルをLinux上の、
/usr/lib/murasaki/firmware.d/
にコピーし、「isl3890」に名前を変更します。
WLCB-54GTをパソコンに差し込み、再起動すれば認識されます。

無線LANを有効にする

再起動後、GNOMEが起動したら、メニューの「アプリケーション」→「システムツール」→「ネットワークの設定」を起動します。
接続の追加画面で、「新しいネットワーク接続の作成」で「進む」をクリック。
「接続の種類」で「無線LAN」を指定し、「進む」
「無線LANの設定」で、「無線LANデバイス」にWLCB-54GTのデバイス名、例えばeth0を選択し、
「ネットワーク名」にESSIDを設定します。ESSIDは初期状態なら、「corega」です。
「進む」をクリックし、「アドレス設定」で、「設定」を「自動(DHCP)」にし、「進む」をクリックします。
最後に「適用」をクリックすれば、ネットワーク接続が有効になります。
Since: Jan. 31, 2004
Copyright (c) 2004-2008 Demicchi. All Rights Reserved.